日本超音波医学会 第30回九州地方会学術集会[The 30th JSUM Kyushu Regional Congress of the Japan Society of Ultrasonics in Medicine]

参加者へのご案内

視聴方法についてはこちらをご参照ください。

1. 学会参加の皆様へ

資格更新の業績単位は下記のとおりです。

区分 地方会学術集会 地方会講習会
出席 発表 出席 発表
超音波専門医 15 15 5 5
超音波工学フェロー 15 15 5 5
超音波指導検査士
超音波検査士
5または10※ 5 5 5

※2016年~2018年の各4月1日に新規・更新認定された方は5単位、2019年4月1日以降に新規・更新された方は10単位
詳細は、日本超音波学会HP 「本会認定資格」からご確認ください

  • 参加証は日本超音波医学会認定専門医制度、同認定検査士制度、その他の出席証明になります。再発行はいたしませんので、大切 に保管してください。
  • 日本超音波検査学会のみ在籍の方は、参加証を保管し、更新時に各自提出してください。

【重要】

参加証及び出席単位登録について

  1. 学術集会当日に学術集会・講習会とも視聴ページへのアクセス履歴をとります。 参加証は、アクセス履歴の確認が取れた方にのみ、大会終了翌日以降にマイページ内で発行されます。
  2. ①会員の方は、視聴ページへのアクセスが確認できますと、後日、自動的に参加単位が付与されます。そのため、日本超音波医学会の会員専用ページにて業績単位の登録及び日本超音波医学会事務局に参加証を送付いただくことは不要です。
    ②「入会手続き中」で事前参加登録をされた方及び会期終了後に会員になられた方は、日本超音波医学会の会員専用ページにログインし、業績単位を登録し、登録後にプリントアウトした「参加証」と「業績単位申請ページ」を事務局へ送付し、業績単位申請を行ってください。
  3. 非会員の方は、参加証を発行期間内にプリントアウトし、資格更新時に手続きをお願いします。

2.発表者の皆様へ

利益相反(conflict of interest:COI)の開示について

発表者は利益相反(COI)の開示を行う必要があります。利益相反(COI)については、発表者は演題登録時に演題登録フォームにおいて自己申請をお願いしております。演題発表時にも、発表スライドのタイトルページに利益相反状態の有無について記載し、開示がある場合は次のページにて該当項目を明記してください。

口頭発表時のスライド作成例

①発表者全員が利益相反に該当しない場合

②発表者のいずれかが利益相反に該当する場合

利益相反(COI)についての詳細及びスライド見本は、一般社団法人日本超音波医学会のホームページ:利益相反委員会(http://www.jsum.or.jp/committee/conflict/index.html)よりご確認ください。

講演終了後、ご発表データは事務局で責任を持って完全に消去いたしますのでご了承ください。